COLUMNコラム

【IT導入補助金】2022年度もECサイト制作は対象です!

こんにちは。

株式会社ナカハラです。

前回のコラムでもお伝えしましたが、今年度のIT導入補助金についての概要が一部公開されています。

2022年度もECサイト制作が対象になるようです。

前回の申請で残念ながら不採択だった方や、今年度はECサイトを制作したいという方は、お気軽にお問い合わせください。

下記の項目が今回のECサイト制作の概要になります。

デジタル化基盤導入類型

補助額:5万円~350万円
補助率:3/4以内 or 2/3以内
対象ソフトウェア:会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト
賃上げ目標:なし
補助対象:ソフトウェア購入費・クラウド利用費(最大2年分補助)・導入関連費

ハードウェア購入費

PC・タブレット・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器:補助率1/2以内、補助上限額10万円
レジ・券売機等:補助率1/2以内、補助上限額20万円

クラウド利用料を2年分まとめて補助

・ITツールがクラウド化していることを踏まえ、最大2年分のクラウド利用料を補助。

PC・タブレット、レジ・券売機等の購入を補助対象に追加

・PC・タブレットについては、補助上限額10万円補助率1/2で支援。

・レジ・券売機等については、補助上限額20万円補助率1/2で支援。

上記については「デジタル化基盤導入類型」と括られ、中小企業・小規模事業者に、インボイス制度も見据えたデジタル化を一挙に推進していくため、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの導入費用に加え、PC・タブレット、レジ・券売機等の導入費用も支援する方針となっています。

詳しくは、サービスデザイン推進協議会のホームページに公開されている情報をご確認ください。

IT導入補助金2022
https://www.it-hojo.jp/2022/

また、繰り返しにはなりますが、IT導入補助金を利用する上で必要となる gBizID(ジービズアイディー)の取得は早めに行いましょう。

まだ取得されていないという方はぜひこちらの記事を読んでいただければ幸いです。

gBizIDとは

gBizIDは、一つのID/パスワードで複数の行政サービスにアクセスできる、法人・個人事業主向け認証システムです。

gBizIDの種類

プライム、メンバー、エントリーという3種類のアカウントがあります。

行政手続により必要なアカウントの種類が異なります。

あらかじめ申請したい手続のサイト等で必要な種類を確認してください。

利用できる行政サービス一覧
https://gbiz-id.go.jp/top/service_list/service_list.html

gBizID登録申請の流れ

1:事前準備(ワンタイムパスワードをSMSで受信)

gBizID作成に必要なものは、ワンタイムパスワードをSMSで受信するためのスマホまたは携帯電話、そして印鑑証明書(個人事業主の場合は印鑑登録証明書、いずれも発行日から3カ月以内)と登録印です。

2:申請書を作成・ダウンロード

gBizIDのサイトから「gBizIDプライム作成」のボタンをクリックして、申請書を作成、ダウンロードしてください。

3:申請書と印鑑証明書を郵送

必要事項を入力して、作成した申請書と印鑑証明書を「GビズID運用センター」に郵送してください。

4:メール受信

申請が承認されるとメールが送られてきます。メールに記載されたURLをクリックし手続きを進めてください。

申請はこちらから
https://gbiz-id.go.jp/top/

IT導入補助金のご利用をお考えの方はまずgBizIDの取得からスタートとなります。

弊社では申請のサポートも行っております。

ご不明な点等がございましたらお気軽にお申し付けください。

どうぞよろしくお願いいたします。